シュガー・レイ・ロビンソン ハイライト

シェアしてくださるとうれしい

ロビンソンは自伝に、引退時の1965年までに既に稼いだお金を使い果たして破産しており、マンハッタンの小さな自宅アパートには、引退セレモニーで受け取った大き目のトロフィーを支えられる強度を持つ家具さえなかったことで、トロフィーを床に置かざるを得なかったと記している。

https://www.youtube.com/watch?v=oqCW_O1m8AM

1967年、国際ボクシング名誉の殿堂博物館の殿堂入りを果たす。

晩年は糖尿病とパンチのダメージからアルツハイマー病を発症。

67歳で死亡、イングルウッドの共同墓地に埋葬された。

シェアしてくださるとうれしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)