【あと一歩!】日本ボクシング史に残る 惜しい世界挑戦 トップ10+α Top 10 Close World Title Challenges in Japanese Boxing History

日本ボクシングから、世界タイトルに挑戦し惜しくも獲得を逃してしまったものを10試合まとめてみました。健闘むなしく敗れたものの、見る者の記憶に残り続けるボクサーたちの戦いぶりをご覧ください!

00:30~ アンソニー・ムンディン TKO5 西澤ヨシノリ
01:25~ エドウィン・バレロ TKO8 本望信人
03:12~ ギレルモ・リゴンドー TKO11 天笠尚
04:30~ ロレンソ・パーラ W12 坂田健史1
06:11~ ファン・マルチン・コッジ W12 平仲明信
07:40~ ジョニー・ファメション W15 ファイティング原田1
09:01~ ウィラポン・ナコンルアンプロモーション D12 西岡利晃2
10:11~ ルペ・ピントール D15 村田英次郎
11:43~ ネストール・ガルサ TKO12 石井広三
13:26~ オスカー・ラリオス W12 仲里繁1
15:52~ ヒルベルト・セラノ TKO5 坂本博之

試合の選定や順位は便宜的なものですので、あまり気にしないでいただければと。忘れがたい世界挑戦はまだいろいろありますので、皆さんの思い出の試合もコメントで教えてください!

00:30- Anthony Mundine TKO5 Yoshinori Nishizawa
01:25- Edwin Valero TKO8 Nobuhito Honmo
03:12- Guillermo Rigondeaux TKO11 Hisashi Amagasa
04:30- Lorenzo Parra W12 Takefumi SakataI
06:11- Juan Martin Coggi W12 Akinobu Hiranaka
07:40- Johnyy Famechon W15 Fighting HaradaI
09:01- Veeraphol Sahaprom D12 Toshiaki NishiokaII
10:11- Lupe Pintor D15 Eijiro Murata
11:43- Nestor Garza TKO12 Kozo Ishii
13:26- Oscar Larios W12 Shigeru Nakazato
15:52- Gilberto Serrano TKO5 Hiroyuki Sakamoto

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事