マキシム・ダダシェフ 安らかに眠れ(R.I.P. 1990-2019)

シェアしてくださるとうれしい

米国で活動していたロシアのボクサー、マキシム・ダダシェフ(Maxim Dadashev)選手が、試合中に負った脳の損傷が原因で死亡したことが、ロシア・ボクシング連盟(RBF)から23日に発表された。

ダダシェフ選手は19日、米メリーランド州でプエルトリコの選手とのスーパーライト級挑戦者決定戦に臨み、11回終了後にセコンドの判断でTKO負けとなった。自力では控室へ戻れず、すぐにワシントン市内の病院へ搬送され、腫れた脳の圧迫を減らす緊急手術を受けていたが、帰らぬ人となった。

ダダシェフ選手はロシアのサンクトペテルブルク(St. Petersburg)出身で、米カリフォルニア州を拠点に活動していた28歳。この試合まで、プロでは13戦無敗だった。

セコンドの「バディ(Buddy)」ことジェームズ・マクガート(James McGirt)氏は試合後、「ラウンドを追うごとにクリーンショットを受ける回数が増えていった」中で、試合をやめるようダダシェフ選手を「説得できなかった」ため、ストップをかけたと話していた。

そのマクガート氏は、系列サービスで試合をストリーミング配信した米スポーツ専門チャンネルESPNに対して、後悔の念を口にしている。

「われわれが携わっているのがどういうスポーツなのか、改めて気づかされた」「トレーニングではすべてうまくいっていて、何も問題はなかった。今は頭がおかしくなりそうだ。何か他にやりようがあったんじゃないかとね。しかしすべて順調だったんだ」

「彼は大丈夫そうだったし、準備もできていた。しかしこれがボクシングだ。たった一発のパンチで十分なこともあるんだよ」

RBFによれば、遺体はロシアへ移送され、家族には手当が支払われるという。夫人は「大きな悲しみとともに」ダダシェフ選手の死を発表し、「夫はとても優しい人で、最後まで闘いました。息子も父親のような素晴らしい人に成長していくでしょう」と述べている。

シェアしてくださるとうれしい
Tagged
プクー

Author: プクー

「ボクシング動画配信局」https://box-p4p.comの管理人です。 ボクシングで人生を学びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)