ジョージ・グローブス引退/ハイライト&ノックアウト

シェアしてくださるとうれしい

ジョージ・グローブス(George Groves、男性、1988年3月26日 – )は、イギリスの元プロボクサー、元キックボクサー。元WBA世界スーパーミドル級スーパー王者。ロンドン出身。ヴィルフリート・ザウアーラント (Wilfried Sauerland) が代表兼プロモーターを務めるザウアーラント・イベント所属。打撃戦を好み、打ち下ろしのフックが最大の武器だが防御の甘さがあり、カール・フローチとの2戦は判定でリードを奪いながらも逆転で敗れている。トレーナーはバリー・マクギガンの息子シェーン・マクギガン。

7歳の時にグローブスの非常に内気な性格を心配した父親に連れられキックボクシングを始め、ジュニアヨーロッパ王者、ジュニア世界王者になっている[1]。その後アマチュアボクシングへ転向。

アマチュア時代の戦績は76勝66勝10敗。66勝のうち40勝がストップ勝ちで強打を誇った。

シェアしてくださるとうれしい
Tagged
プクー

Author: プクー

「ボクシング動画配信局」https://box-p4p.comの管理人です。 ボクシングで人生を学びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)