テレンス・クロフォード 世界最高の現役ウェルター級王者

テレンス・クロフォード(Terence Crawford、1987年9月28日 – )は、アメリカのプロボクサー。ネブラスカ州オマハ出身。元WBO世界ライト級王者。元WBA・WBC・IBF・WBO世界スーパーライト級統一王者。現WBO世界ウェルター級王者。世界3階級制覇王者。史上3人目の主要4団体統一王者。ボブ・アラムのトップランク所属。

2017年8月19日には元世界2階級制覇王者のバーナード・ホプキンス以来となる主要4団体の統一を果たした。スーパーライト級初の主要4団体統一王者であり、2005年7月16日にホプキンスを破ったジャーメイン・テイラー以来となる12年ぶり史上3人目の主要4団体統一王者である。

アマチュア時代
2005年、全米選手権に出場するも準々決勝で敗退。

2006年の全米選手権にライト級(60kg)で出場。初戦でミゲル・アンヘル・ガルシアを破るも、準決勝でダニー・ガルシアに敗れた。

2006年、ナショナル・ゴールデングローブにライト級(60kg)で出場するが決勝で敗退。

2006年に行われたブルー&ゴールドナショナルチャンピオンシップ大会では決勝でダニー・ガルシアを破り優勝。

2007年、エクアドルクエンカで行われたパンアメリカンアマチュアボクシング選手権にライト級(60kg)で出場するが準決勝で敗退。

2007年、全米選手権にライト級(60kg)で出場、準々決勝でミゲル・ゴンザレスを破るが準決勝で敗退。

2007年、オリンピック国内選考会にライト級(60kg)で出場。ディエゴ・マグダレノに勝利するがサダム・アリとミゲル・ゴンザレスに敗れ代表選考から漏れた。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事