井上尚弥VSノニト・ドネア WBSSバンタム級決勝

シェアしてくださるとうれしい

さあ、11月7日、いよいよ決勝だ。

ドネアというのは自分より小さい、またはパワー、フィジカルで劣る相手には強いがその他には苦労している。キレが通じない、重い、倒しきれない相手に苦労している。拳も怪我してしまう。全盛期でもわりと苦労した一人にウィルフレド・バスケスJrがいる。当時のバスケスjrは勢いとパワーがあった。セサール・ファレス戦も粘られて怪我して苦しんだ。

井上はすごいですね…
両方とも真の力を持っています。この試合では1秒も見逃せません。
Goodluck..donaire ..
26歳対37歳。

シェアしてくださるとうれしい

2 COMMENTS

アバターボクシング ファン

ロドリゲスが使った井上チャンピオンの神がかりのようなハイスピード・バックステップを封じる為の戦術。井上チャンピオンがパンチを打った直後にステップバックして、相手側の返しのパンチが空振りする程の素早いバック・ステップを殺す為に、チャンピオンに圧力をかけ、ロープ際まで追い詰め、サイド・ステップしか使えないようにした。ドネアも同様戦術を使い、得意の左フックをフルパワーで振るう戦術を使う可能性もある。素人考えですが、チャンピオン、十分に気をつけてください。

返信する
アバターボクシング ファン

スピードでは井上チャンピオンの方が圧倒的に早く、油断は禁物ですが、フットワークでもチャンピオンがドネアを凌駕していると感じます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)