WBSSバンタム級決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア

シェアしてくださるとうれしい

ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)王者で26歳の井上尚弥(大橋)が、WBA同級スーパー王者で36歳のノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちした。

井上尚は2回に強烈な左で相手をよろめかせたが、右のまゆ付近から出血。5回には、右ストレートで相手の腰が落ちると、そこから一気に攻勢をかけた。
9回には、相手の強烈な右を食らいながらも何とかしのぎ、11回にはダウンを奪う。判定まで持ち込まれたが、勝利を手にした。
試合直前に、弟の井上拓真が判定で敗れた嫌な流れにも動じず、無敗街道を継続。戦績は19戦全勝(16KO)とした。

シェアしてくださるとうれしい
プクー

Author: プクー

「ボクシング動画配信局」https://box-p4p.comの管理人です。 ボクシングで人生を学びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)