El César del Boxeo(ボクシング界のシーザー)/フリオ・セサール・チャベス

フリオ・セサール・チャベス(Julio César Chávez、男性、1962年7月12日 – )は、メキシコのプロボクサー。ソノラ州シウダ・オブレゴン出身。

1984年から1989年にかけて世界タイトル3階級を制覇。最多世界戦出場数37、1試合に於ける観客動員数13万人、歴代3位となる89連勝、デビュー戦以来90戦無敗(1引き分けを含む)などボクシング史における数々の記録を打ちたて、更に全盛期には、類い希なるタフネスとスタミナを武器に完璧な強さを誇り絶大なる人気を得た。ロベルト・デュラン、アレクシス・アルゲリョらと並び、ラテンアメリカのボクシング界を代表するスーパースター。1990年代前半、マイク・タイソン低迷後のボクシング・シーンにおいて数々のビッグマッチで活躍し、パウンド・フォー・パウンドの称号を思いのままにした。

二人の息子、フリオ・セサール・チャベス・ジュニア、オマール・チャベスもプロボクサー。

戦績
通算戦績 116戦 108勝 87KO 6敗 2分

獲得タイトル
WBC世界スーパーフェザー級王座(防衛9度)
WBA世界ライト級王座(防衛1度)
WBC世界ライト級王座(防衛0度)
WBC世界スーパーライト級王座(防衛12度)
IBF世界スーパーライト級王座(防衛2度)
WBC世界スーパーライト級王座(防衛4度)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事