タイソン・フューリー ベストノックアウト

タイソン・フューリー(Tyson Luke Fury、男性、1988年8月12日 – )は、イングランドのプロボクサー。マンチェスター出身。元WBA・IBF・WBO世界ヘビー級スーパー王者[要出典]。トレーナーは父親のジョン・フューリーだったが、2011年に刑務所に収監されて以降は、代わりに叔父のピーター・フューリーがトレーナーを務めている。プロモーターはフランク・ウォーレン主宰のクィーンズ・ベリー・プロモーションズとボブ・アラム主宰のトップランク社に所属。

試合後のリング上や記者会見でよく歌を披露することで有名。弟のヤング・フューリー、従弟のヒューイ・フューリーもヘビー級のプロボクサー。

アイリッシュ・トラヴェラーの家系。6ヵ月半の早産で体重わずか1ポンドで生まれ、医者から長生きはしないだろうと言われた。出自であるジプシーにアイデンティティーを濃く持っており、ジプシーの集会などで非合法のベアナックル・ボクシングの試合を何戦も行っていた。 名前は父親がマイク・タイソンにちなんでつけた。父親のジョン・フューリーもプロボクシングとベアナックルボクシングの元選手であったが、2011年に喧嘩相手の目をえぐり失明させ、懲役11年の刑で刑務所に服役した。その後2015年2月11日に仮出所してフューリーのチームに復帰した。

アマチュア時代
父親の手ほどきで12歳からボクシングを始めた。

17歳の時、アマチュア7戦目でデビッド・プライスに敗れた。

北京オリンピック代表にデビッド・プライスが選出され、フューリーは選考から漏れたことでプロ転向を決めた。

アマチュアの戦績は30勝4敗。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事