アミール・カーン オールノックアウト2019

シェアしてくださるとうれしい

アミール・カーン(Amir Khan、男性、1986年12月8日 – )は、イギリス(イングランド)のプロボクサー。イングランド・グレーター・マンチェスター州ボルトン出身。元WBA・IBF世界スーパーライト級スーパー王者。2004年アテネオリンピック・ライト級銀メダリスト。パキスタン系イギリス人でムスリム。エディー・ハーンのマッチルーム・スポーツ所属。プロモーターとしてカーン・プロモーションズを主催している。総合格闘技団体「Super Fight League」の共同オーナー。

2004年、ヨーロッパ選手権に出場するも1回戦敗退[1]。17歳でアテネオリンピックボクシングライト級に出場(イギリス代表はカーン1人だけであった)し、決勝でオリンピック連覇を狙うマリオ・キンデラン(キューバ)に判定負けを喫し銀メダルを獲得した[2]。オリンピック前に開催されたプレ・オリンピック大会でもマリオ・キンデランに敗北している。

2005年5月、故郷・ボルトンでマリオ・キンデランと対戦し、判定勝ち。34歳のキンデランはこの試合を最後に引退した。

シェアしてくださるとうれしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)